新潟大学教育学部 附属新潟小学校は、研究会、研究授業、主体的・対話的で深い学び、教科等横断的、資質・能力、教育課程の編成、コンピテンシー・ベイス、豊かに考える子ども、学習指導要領、を取り組んでいます。 新潟大学教育学部 附属新潟小学校は、研究会、研究授業、主体的・対話的で深い学び、教科等横断的、資質・能力、教育課程の編成、コンピテンシー・ベイス、豊かに考える子ども、学習指導要領、を取り組んでいます。
 
新潟大学教育学部 附属新潟小学校は、研究会、研究授業、主体的・対話的で深い学び、教科等横断的、資質・能力、教育課程の編成、コンピテンシー・ベイス、豊かに考える子ども、学習指導要領、を取り組んでいます。
家庭科:尾形 美穂
家庭科:尾形 美穂

尾形 美穂(おがた みほ)と申します。

附属小学校2年目です。
今年度も,明るく素直で一生懸命学習に取り組む子どもたちと楽しく授業をしていきたいと思っています。
研究教科は、家庭科です。

子どもが実生活や実社会において課題に気付き,自分や家族の生活を考えた解決方法を見だす授業研究に励みます。

多くの皆様からの御批正をいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。


平成28年度初等教育研究会 ご参会いただきありがとうございました!!
   

5年生「非常時の食事を考える 〜限られた条件での調理〜」

 初等教育研究会にご参会いただき,ありがとうございました。


 子どもたちは,非常時の食事で大切なことは何かを考えることができました。また,非常時の設定を基に,限られた道具と食材で,何ができるか(何がつくれるか)考えました。指導案と単元カード,画像などをぜひご覧ください。

研究会後実際に,ポリ袋でご飯と各班1品(みそ汁や肉(ベーコン)じゃがなど)を調理しました。子どもの学習の振り返りでは,次のような記述がありました。

・この授業で災害が起きたときは,食料と水がとても貴重だと思った。ポリ袋の調理は,鍋の水が何回も使えるし,少ない水でできて,水の節約にはよい方法だと思いました。

・ポリ袋の調理は,家にあるものでできてすごいと思いました。もしも災害が起きても食事をつくることができると思いました。

・1回目にポリ袋でご飯を炊いたときよりも2回目に炊いたときの方が,鍋で炊いた時みたいに上手にできました。家で練習して,もしもの時に上手に炊けるようにしようと思いました。

・この授業で,どんなときでも工夫すれば,いろいろなものをつくることができるんじゃないかと考えました。

・災害は,起きてほしくないけど,起きたときに家族につくってあげたいです。

・この授業で,最低限の道具でも調理ができることが分かりました。自分たちにもできて簡単でした。いろいろな調理をしてみたいです。

・非常時に食べるものとしては,とても美味しかったです。ポリ袋を使うことで,安心安全だと思いました。

・つくりやすくて,美味しいし,材料を考えれば栄養もとれるので,家族にも教えたいです。

・非常時でも,ぼくたちは何もできないのではなく,食事をつくったりすることができるということが分かりました。

 

 シェアリングタイムでいただいたご意見を,来年度の実践につなげていきたいと考えています。ご参会いただきました皆様に心より感謝申し上げます。どうもありがとうございました。

指導案展開  指導案展開
単元カード  単元カード
「非常時の食生活」資料  「非常時の食生活」資料
振り返りプリント  振り返りプリント
お待ちしています!! H28年度 初等教育研究会 PR
   

第5学年「家族のピンチを救え!! 〜非常時の調理〜」
 
 人々の防災に対する関心が高まっています。今後,非常時は他人事ではなく,子どもにとっても身近に起こりうる問題として考えさせなくてはいけません。

 非常時の生活の中で食事は,被災者にとって,深刻な問題であると同時に,非常時による不安を和らげ,生きる活力になる重要な営みです。私は,非常時の生活をよりよくする学習は,大切なことであり,家庭科教育の果たす重要な役割であると考えています。
 
 初等教育研究会に足を運んでいただき,多くの皆様から御批正・御指導をいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
 

H28 中間検討会とその後
   第5学年『みそ汁づくりの極意』〜自分や家族のためのみそ汁づくり〜

 指定研と同様に1題材に2回の調理実習を提案しました。今回は,自分たちの調理計画を基に1回目の調理実習を行い,互いに試食し評価させました。その評価を分析させ,改善点に気付かせ,改善策を見いださせました。2回目の調理実習は,その改善策を実行し,1回目よりもよりよいみそ汁をつくるために行いました。


 
 中間検討会では,1回目の調理実習の改善点に科学的根拠をもって改善策を考えることができるように働き掛けを行いました。その働き掛けとは,子どもの改善点に対する「こうなんじゃないか」という思考を想定し,教師の方で資料や具体物,ミニ実習を提示したものでした。しかし,それぞれの班で改善点が違います。そこで,1回目の調理実習の評価の分析をじっくりと話し合わせ,どの班においても共通する改善点に着目させました。どの班にも共通する改善点は,みそ汁の実である野菜の煮え具合でした。同じ野菜でも大きさや厚さが違うことはもちろん,子どもたちは,野菜の煮る順番に着目しました。教師の方で話し合いの内容を図で可視化しました。(←画像板書)子どもたちは,みそを入れる直前に実が全て煮えていなくてはいけないことに気付きました。そして,実を煮るときは単純に順番通り鍋に入れるのではなく,時間差が必要であることに気付きました。このことを踏まえて改善策を考え,2回目の調理計画を立てて実習を行いました。

指導案  指導案
単元カード  単元カード
H28 指定研授業
    第5学年『ゆでるの極意』〜美味しいゆで野菜のサラダづくりを目指して〜

1題材に2回の調理実習を行うことにチャレンジしました。子どもの気付きや思考を生むことで子どもに調理方法とその意味を理解させ,家庭生活で活用できる知識及び技能を身に付けさせることが大切であると考えたからです。

 

【1回目】既習事項の「卵のゆで方」を想起させ,「野菜のゆで方」の調理方法を概ね習得させる。そして試食をし比較させることで,家庭生活に活用できる調理方法を考えさせる。

 

【2回目】その考えを基に新たな食材で調理をさせ試食をし比較させることで,家庭生活で活用できる調理方法を見いださせる授業展開を行う。

 

 子どもたちが2回の調理実習を通して「それぞれの野菜によってゆで時間が違う」ということが見いだせるように働き掛けを行いました。

 

 1回目で使った食材は,キャベツとブロッコリーです。この2種類のサラダを互いに試食し合いました。2回目は,その試食したことを基にさらに,新たな野菜を1種類加え,サラダをつくりました。子どもは,3種類の野菜を見た目や触ったときの感触を確かめながらゆで時間について話し合い,サラダをつくりました。
 


指導案  指導案
単元カード  単元カード
5年生家庭科ガイダンス
   

 5年生から始まる家庭科に、子どもたちは、わくわく大きな期待をもっています。そんな子どもたちに対して、最初の授業『ガイダンス』は、とても重要な意味をもっています。その意味とは、家庭科の2年間の学習に見通しをもたせること。もう一つは、家族のことを考え、「支えられる自分」から「支える自分」になるという気持ちをもたせることであると考えました。この気持ちが土台となって、家庭生活をよりよくしようと、学んだことを家庭で活用するという実践的な態度が、育まれるものと考えます。


 写真は、『ガイダンス』で小学校入学してから「できるようになったこと」と「家の人にやってもらってること」を家庭生活における衣食住他に分類することにチャレンジしながら、子どもたちに考えてもらいました。
 水色の付箋が「できるようになったこと」黄緑色の付箋が「家の人にやってもらっていること」です。
 子どもたちは、この黒板に貼られているものを見て、家の人にやってもらっていることは、まだまだ多いということに気付きました。そして、教科書を見ながら家庭科の学習で「家でできるようになることを増やしたい」「家の人のかわりに○○ができるようになりたい」「家族に○○をしてあげたい」などそれぞれに、考えることができたようです。
※水色58枚 黄緑色124枚でした。画像は、少し水色の付箋が写っていませんでした。 (>人<)すみません。

国語科: 里村 穣 国語科: 里村 穣
国語科:桑原 浩二 国語科:桑原 浩二
社会科:大矢 和憲 社会科:大矢 和憲
社会科:八幡 昌樹 社会科:八幡 昌樹
算数科:志田 倫明 算数科:志田 倫明
算数科:越村 尚貴 算数科:越村 尚貴
理科:竹内 義雄 理科:竹内 義雄
理科:加藤 聡 理科:加藤 聡
生活科:三星 雄大 生活科:三星 雄大
音楽科:佐藤 史人 音楽科:佐藤 史人
図画工作科:堀田 雄大 図画工作科:堀田 雄大
家庭科:尾形 美穂 家庭科:尾形 美穂
体育科:山形  昭 体育科:山形 昭
体育科:小野 浩由 体育科:小野 浩由
道徳科:剱 仁美 道徳科:剱 仁美
外国語活動:茂木 智弘 外国語活動:茂木 智弘
養護教諭:長谷川 由紀 養護教諭:長谷川 由紀
総合:梅津 祐介 総合:梅津 祐介
総合:浅間 一城 総合:浅間 一城
特別活動:八子 正彦 特別活動:八子 正彦
栄養教諭: 五十嵐 忍 栄養教諭: 五十嵐 忍
   
国語科
社会科
算数科
理科
生活科
音楽科
図画工作科
家庭科
体育科
道徳
外国語活動
虹の輪(総合的な学習時間)
特別活動
(C) 新潟大学教育学部 附属新潟小学校