新潟大学教育学部 附属新潟小学校は、研究会、研究授業、カリキュラム・マネジメント、見方・考え方、主体的・対話的で深い学び、教科等横断的、資質・能力、教育課程の編成、コンピテンシー・ベイス、豊かに考える子ども、学習指導要領、を取り組んでいます。 新潟大学教育学部 附属新潟小学校は、研究会、研究授業、カリキュラム・マネジメント、見方・考え方、主体的・対話的で深い学び、教科等横断的、資質・能力、教育課程の編成、コンピテンシー・ベイス、豊かに考える子ども、学習指導要領、を取り組んでいます。
 
新潟大学教育学部 附属新潟小学校は、研究会、研究授業、カリキュラム・マネジメント、見方・考え方、主体的・対話的で深い学び、教科等横断的、資質・能力、教育課程の編成、コンピテンシー・ベイス、豊かに考える子ども、学習指導要領、を取り組んでいます。
国語科:桑原 浩二
国語科:桑原 浩二
桑原浩二と申します。当校2年目となりました。


 研究教科は,国語科です。書くことの領域を研究しています。
 

 今年度は,4年生の担任です。新学習指導要領が明らかになりつつある今,4年生の書くことの授業で大切にしなければならないこと何か。国語科の本質は何か。「言葉による見方・考え方」及び資質・能力を追究する一年にします。当ホームページでは,研究授業の様子や指導案等随時upしていきます!多くの皆様からご批正をいただければ幸いです。よろしくお願いします。


 平成30年2月8日(木),9日(金)の初等教育研究会でお会いしましょう!
今年度も子どもの鉛筆は止まりません
 加えて,タブレット端末を操作する指も止まりません子どもは,鉛筆とタブレット端末と書きたい情熱をもって初等教育研究会に臨みます。ぜひ,子どもの姿をご覧ください。子どもの姿で勝負します



〈↓
メールをお待ちしております↓〉
kuwabara@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp

H29 中間検討会を行いました!
    9月29日に,今年度の中間検討会を行いました!子どもは,学年末におうちの方を呼んで行う「2分の1成人式」に向けて,自分の考えを文章に書き表す学習を続けています。今回は,「学級を豊かにするための考えを書いて伝えよう」という言語活動を設定しました。子どもは,鉛筆とタブレット端末を活用して,自分の考えを意見文としてまとめることができました。もちろん,鉛筆は止まりません。鉛筆だけでなく,タブレット端末を操作する指も止まりません。それでは,これまで学習の様子をお届けします!
 まず,自分の考えをもたせやすくさせるために,1週間程度の取材期間を設定しました。子ども一人一人に付箋紙を配付し,自分の考えをメモさせます。その際,「自分の考え」「考えの理由」「考えるきっかけになった出来事」のまとまりで記述させました。これは,その後の文章構成を考えやすくするためです。私は,これまでの実践から,文章化過程における「課題設定や取材」と「構成」の指導を連動させる必要があると感じておりました。なぜなら,書く材料があってこそ,それらを活用して様々な文章の構成を考えられるからです。そこで,「課題設定や取材」と「構成」を連動させるために,タブレット端末を活用しました。詳細については,来年2月の初等教育研究会にてお見せします。ご期待ください!
 
次に,再取材及び再構成をさせました。つまり,文章化過程の往還です。子どもは,草稿段階の文章では伝えたいことが相手に伝わらないと問いをもち,再取材及び再構成を行うことで,文章をよりよくしたいと考えました。ここでもやはりタブレット端末を用いて学習を進めました。そして,タブレット端末で伝えたいことが相手に伝わる文章を仕上げることができました。
 このように,子どもは,言葉による「見方・考え方」を働かせて,文章化過程における「課題設定や取材」「構成」「記述」の過程を行きつ戻りつしながら段落の配列を考え意図をもって文章を構成することができました。
 子どもが「書いて伝えたい」と問いをもち,文章化過程を往還しながら,タブレット端末を活用して文章を仕上げる。そんな授業が続いています。皆様,興味をもっていただけたでしょうか?来年2月の初等教育研究会では,たくさんの先生方とお会いできることを楽しみにしています!子どもの書く姿をご覧いただければ幸いです。ぜひ,お申し込みを!
H29研究計画  H29研究計画
H29 「学級を改善しよう」指導案  H29 「学級を改善しよう」指導案
H29「学級を改善しよう」指導計画  H29「学級を改善しよう」指導計画
H29 指定研究授業を行いました!
   7月6日(木)に国語科「2分の1成人の主張-わたしの生活を改善しよう-」(東京書籍四上「わたしの考えたこと」)の指定研究授業を行いました。
 
 本単元のねらいは,身の回りで起きた出来事や体験したことを通し,自分の考えとその理由を明確にして文章の構成を考えることです。子どもは,伝えたいことと書く言葉との関係に着目するという「見方・考え方」を働かせて,「段落の役割に関する知識・技能」「内容のまとまりで段落をつくったり,段落相互の関係に注意したりして,文章の構成を考える力」など,国語科で育成すべき様々な資質・能力を発揮しました。

 次期学習指導要領を見据え,今後も「豊かに考える子どもを育む教育課程の実現」に向けて,「主体的・対話的で深い学び」の研究授業に励んでいきます。平成30年2月8・9日の初等教育研究会でお会いしましょう!たくさんの方のご参観を子どもたちと一緒にお待ちしています!鉛筆が止まりませ〜ん!
H29 研究計画  H29 研究計画
H29 「わたしの生活を改善しよう」指導案  H29 「わたしの生活を改善しよう」指導案
H29 「わたしの生活を改善しよう」指導計画  H29 「わたしの生活を改善しよう」指導計画
初等教育研究会,ありがとうございました!
   2月9日(木),10日(金)の初等教育研究会では,大勢の方からご参観いただき,誠にありがとうございました。何よりうれしかったのは,子どもの姿をご覧いただけたことです。子どもの書きたいという意欲が伝わったかと思います。また,シェアリングタイムでは,貴重なご意見をたくさんいただき,実りある会にできました。ピラミッドチャートや構成表等の思考ツールを使った実践をされましたら,教えていただけると幸いです!。来年も初等教育研究会で会いましょう!ありがとうございました。
H28 「心に残ったことを届けよう」指導案  H28 「心に残ったことを届けよう」指導案
H28 「心に残ったことを伝えよう」指導計画  H28 「心に残ったことを伝えよう」指導計画
中間検討会その後その2…
    「ばらいろおもちゃやさん」の後にも「ばらいろ音楽隊」と題し,研究授業を行いました。題材は,当校の学校行事である「附属ミュージックステーション」です。子どもは「おうちの人にうれしかったことを伝えたい」という相手意識と目的意識とをもち,そのためにはどのような言葉を選択するかについて考えることを通して,つながりのある文章を書き表すことができました。また,これまでの学習経験から,子どもは,「構成表」を活用して文章を書くと「順序よく書ける」「文章がまとまるため伝えたいことが伝わる」などと「構成表」の有用性を実感しています。書く力をぐんぐん伸ばしています!
中間検討会その後…
   中間検討会後にも「ばらいろおもちゃやさん」と題し,研究授業を行いました。本単元のねらいは,生活科の「あきとともだち」で行った「おもちゃ作り交流会」について,楽しかったことを文章に書き表すことです。「おもちゃ作り交流会」では,秋探しで拾ってきたどんぐりや落ち葉を使っておもちゃを作ったり,作ったおもちゃで遊んだりしました。
 子どもは,「相手や目的,意図と関係付けて考えること」という国語科の見方・考え方を働かせ,「構成表」を用いてツール活用能力を発揮し,つながりのある文章を書くことができました。
H28 中間検討会を行いました!
   9月30日(金)に中間検討会で,国語科「ばらいろおかしやさん」(東京書籍1年「おもい出してかこう」)の研究授業を行いました。
 
 本単元は,学級活動と関連を図って構成しました。友達と協力して取り組んだ「白玉団子作り」を題材とし,事柄の順序に沿って文章を書き表すことがねらいです。
 
 子どもは,「構成表」を用いて,収集した事柄を「始め−中−終わり」の構成でまとめました。「相手や目的,意図と関係付けて考えること」という見方・考え方を働かせることは,国語科における「必要な事柄を収集する力」「必要な事柄を多面的・多角的に精査し,構造化する力」を培うことにつながります。本授業でも,子どもが意欲的に書き表す姿が見られました。また,授業後の振り返りには,よかったこととして「構成表を使って伝えたい付箋紙を選んだこと」「友達からアドバイスをもらったこと」などが挙がり,ツール活用能力協働性を発揮して文章が書けたことを自覚できました。
H28 研究計画  H28 研究計画
H28 「ばらいろおかしやさん」指導案  H28 「ばらいろおかしやさん」指導案
H28 「ばらいろおかしやさん」指導計画  H28 「ばらいろおかしやさん」指導計画
H28 指定研究授業を行いました!
   6月23日(木)に国語科「成長マイブックを作ろう」(東京書籍1年「こんなことしたよ」)の指定研究授業を行いました。
 
 縦割り班活動の一つである「角田山登山」を題材とし,自分の成長を捉えて,そのときの気持ちや様子を具体的に書き表すことをねらいとしました。なお,本授業は,生活科「大きくなるっていうことは」と関連を図っています。生活科では、成長の記録(文章や絵)を綴じ込む「成長マイブック」を作成しながら,自分の成長について1年間かけて考えていきます。
 
 子どもは,思考ツールを用いて,気持ちや様子の変化を可視化することを通して文章を仕上げました。その際,国語科における「書こうとする題材に必要な事柄を集める」資質・能力と生活科における「前の自分と今の自分とを比べて関係付け,自分の成長を見付ける」資質・能力とを発揮しました指定研究授業で仕上げた文章も「成長マイブック」の1ページです。
H28 研究計画  H28 研究計画
H28 「こんなことしたよ」指導案  H28 「こんなことしたよ」指導案
H28 「こんなことしたよ」指導計画  H28 「こんなことしたよ」指導計画
国語科: 里村 穣 国語科: 里村 穣
国語科:桑原 浩二 国語科:桑原 浩二
社会科:大矢 和憲 社会科:大矢 和憲
社会科:八幡 昌樹 社会科:八幡 昌樹
算数科:志田 倫明 算数科:志田 倫明
算数科:越村 尚貴 算数科:越村 尚貴
理科:竹内 義雄 理科:竹内 義雄
理科:加藤 聡 理科:加藤 聡
生活科:三星 雄大 生活科:三星 雄大
音楽科:佐藤 史人 音楽科:佐藤 史人
図画工作科:堀田 雄大 図画工作科:堀田 雄大
家庭科:尾形 美穂 家庭科:尾形 美穂
体育科:山形  昭 体育科:山形 昭
体育科:小野 浩由 体育科:小野 浩由
道徳科:剱 仁美 道徳科:剱 仁美
外国語活動:茂木 智弘 外国語活動:茂木 智弘
養護教諭:長谷川 由紀 養護教諭:長谷川 由紀
総合:梅津 祐介 総合:梅津 祐介
総合:浅間 一城 総合:浅間 一城
特別活動:八子 正彦 特別活動:八子 正彦
栄養教諭: 五十嵐 忍 栄養教諭: 五十嵐 忍
   
国語科
社会科
算数科
理科
生活科
音楽科
図画工作科
家庭科
体育科
道徳
外国語活動
虹の輪(総合的な学習時間)
特別活動
(C) 新潟大学教育学部 附属新潟小学校