新潟大学教育学部 附属新潟小学校は、研究会、研究授業、カリキュラム・マネジメント、見方・考え方、主体的・対話的で深い学び、教科等横断的、資質・能力、教育課程の編成、コンピテンシー・ベイス、豊かに考える子ども、学習指導要領、を取り組んでいます。 新潟大学教育学部 附属新潟小学校は、研究会、研究授業、カリキュラム・マネジメント、見方・考え方、主体的・対話的で深い学び、教科等横断的、資質・能力、教育課程の編成、コンピテンシー・ベイス、豊かに考える子ども、学習指導要領、を取り組んでいます。
 
新潟大学教育学部 附属新潟小学校は、研究会、研究授業、カリキュラム・マネジメント、見方・考え方、主体的・対話的で深い学び、教科等横断的、資質・能力、教育課程の編成、コンピテンシー・ベイス、豊かに考える子ども、学習指導要領、を取り組んでいます。
音楽科:佐藤 史人
音楽科:佐藤 史人

佐藤 史人(さとう ふみと)と申します。
附属新潟小学校3年目です。研究教科は音楽です。
自分で感じて,考えて,思ったことを自分の音で表現できるような音楽の授業をめざします。今年度も素敵な子どもたちと一緒に勉強していきます。
多くの皆様から,御批正をいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

研究キーワード:音楽づくり,我が国の音楽,和音,タブレット端末,音楽的な見方・考え方,教科等横断的な学習,生活科

メール:sato@fusho.ngt.niigata-u.ac.jp
    (お気軽に,ご意見・ご感想をお寄せください。)


H30年9月27日 附属オータム研修会(音楽科)にお越しください
   「附属オータム研修会」開催のご案内です。
 新学習指導要領の全面実施まで残り1年余りです。これからの授業づくりで大切なことについて,参観した授業を基に一緒に語り合いませんか。皆様のご参会をお待ちしております。

<音楽科の開催について>
◆開催日時
9月27日(木)
授業14:00〜14:45,シェアリングタイム14:55〜15:55
◆開催場所
附属新潟小学校 音楽室
◆題材名
第2学年 音楽科「いろいろな音を楽しもう」ー楽器でおはなし「楽しかった日本海」ー
(音楽科と生活科との教科等横断的な学習単元)
◆申込方法
当校HPトップページ
◆申込締切
H30年8月29日(水)
◆参加費
無料
◆授業の構想
 ペットボトル50本で,協力していかだを作った子どもたち。7月の日本海へこぎだしました。どきどき,わくわく,そして達成感。この体験は決して忘れることはないでしょう。この体験活動を音楽で表現します。身近な楽器で音楽づくりです。
H30指定研究授業・部内研究授業
   

 今年度も研究テーマは「音楽づくり」です。そして,教科横断的な学習(音楽科と生活科)です。

 題材「野菜の気持ち〜レッツ・ボディパーカッション〜」(2年生)の学習です。音楽を形づくっている要素の働きを生かした表現を工夫し,伝えたいと思っている「野菜の変化や成長の様子」に合った音楽をつくり,表現します。生活科の単元「やさいをそだてよう」の,野菜の成長への気付きと,音楽づくりとの関連を図ることで,生活科で育成を目指す資質・能力と,音楽科で育成を目指す資質・能力を培うことができると考えました。
 愛着をもって野菜を育てる子どもたちに,「野菜の気持ち!ミニ劇場」(発表会)を提案し,グループで,声と体を使って出せる音による音楽づくりの時間を設定しました。(指定研究授業に修正を加え,部内研究授業を行いました。)

H30 研究計画  H30 研究計画
H30 指定研究授業 指導案  H30 指定研究授業 指導案
H30 指定研究授業 指導計画  H30 指定研究授業 指導計画
H30年度スタート
   今年度も研究テーマは「音楽づくり」です。1年生から6年生までの系統的な学習を研究しています。一作年度はタブレット端末を使った音楽づくり(高学年)、昨年度は我が国の音楽を教材として箏を使った音楽づくり(中学年)でした。今年度は、教科等横断的な学習で音楽づくり(低学年)です。2月の研究会に向けて頑張ります。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。
初等教育研究会のご参会,ありがとうございました。
   初等教育研究会にお越しいただき,ありがとうございました。
 1日目は,音楽のモデルA(間奏のふしなし)とモデルB(間奏のふしあり)とを比較聴取し,その違いから感じるイメージも違うことに気付き,間奏のふしを取り入れた音楽づくりに取り組みました。
 2日目は,中間発表会を行いました。発表するグループは,間奏のふし等を入れる前の作品と,間奏のふし等を入れた後の作品をどちらも発表しました。聴いている子どもたちは,作品の工夫点に気付き,よさを共有しました。そして,気付いた工夫点も参考にしながら音楽づくりを進め,作品を仕上げていきました。
 シェアリングタイムでは,モデル曲の比較聴取の有効性や国語科(百人一首の学習)との横断的な学習のよさなどについて価値付けていただきました。また,発表を聴き合ったり工夫点を共有したりする活動の改善点や,調子や箏の奏法等技能面の学習についてのアドバイスなど,たくさんのご意見をいただきました。ご参会いただいた皆様,本当にありがとうございました。
 たくさんの方々に囲まれながら,4年生の子どもたちは,感性を働かせて音楽を感じ,考えて,それぞれが魅力的な音楽をつくりました。改めて,子どもたちの感性の素晴らしさを感じました。これからも,子どもたちと一緒に,より素敵な音楽の授業を目指して勉強していきたいと思います。ありがとうございました。
H29 初等研指導計画  H29 初等研指導計画
H29 初等研指導案1日目  H29 初等研指導案1日目
H29 初等研指導案2日目  H29 初等研指導案2日目
2月8日(木)9日(金)は初等教育研究会です。
   初等教育研究会が近づいてきました。すでにたくさんのお申し込みをいただいております。ありがとうございます。
 4学年の「我が国の音楽(以下:日本の音楽)を教材とした音楽づくり」の授業を研究しております。「日本の音楽の授業はどのように行えばよいのだろうか…」こんな悩みをずっと抱えてきました。皆さんはいかがですか?
 新学習指導要領では,これまで第5学年及び第6学年において取り上げる旋律楽器として例示していた和楽器を,第3学年及び第4学年にも新たに位置付けました。中学年で和楽器を取り入れる学習の可能性も追求していきたいです。
 私は箏を演奏しています。箏の音色はとても魅力的です。簡単に音を出すことができます。子どもたちと一緒に日本の音楽をつくれたら素敵だなと,思いました。
 授業は,国語科との教科等横断的単元「ふしづくり はじく音色で この一首」です。百人一首を歌います。箏を使って楽しく旋律をつくる授業です。皆様からたくさんのご意見・ご感想をいただきながら,勉強させていただきたいと思っております。
 多くの方のご参会をお待ちしております。よろしくお願いいたします。
H29中間検討会
   

 9月29日に中間検討会の研究授業を行いました。

 題材「俳句に音楽を♪ −日本の音階を使って旋律づくり パートU−」(4年生)の学習です。本題材は国語科の「俳句づくり」と,音楽科の「日本の音階で旋律づくり」との教科等横断的な学習です。箏を演奏しながら,つくった秋の俳句のイメージと言葉のリズムや響きを手がかりに旋律を考えます。口唱歌(コロリン,シャシャテン等)を生かして旋律を工夫すること,平調子の他に乃木調子を新たに音楽づくりに取り入れることがポイントとなる学習でした。個人やグループで表し方を工夫しながら,俳句に込めたイメージに合った旋律をつくることができました。
(次の音源は,当校研究紀要 第75集で「授業の実際」として詳しく紹介しております。研究紀要 第75集は,H30年2月8・9日の初等教育研究会で配付いたします) 

H29 研究計画  H29 研究計画
H29 中間検討会授業 指導案  H29 中間検討会授業 指導案
H29 中間検討会授業 指導計画  H29 中間検討会授業 指導計画
音楽授業研修
   9月25,26日の二日間,千葉県の音楽専科の先生が音楽授業研究視察に来てくださいました。高学年の音楽づくり(H28年度研究実践)を見ていただき,「タブレット端末を用いて和音を感覚的に聴き取る姿や,和音から合奏づくりにつなげる過程の姿が参考になった」とコメントをいただきました。また,4年生の箏を用いた音楽づくり(H29年度研究実践)について,「俳句に込めた思いに合う音楽をつくる中で,箏の音色と向き合う姿に風情を感じた。タブレット端末に録画して学習を振り返る姿は,新しい音楽授業の試みで興味深い」と価値付けていただきました。低学年の歌唱指導や身体表現を取り入れた活動に一緒に参加していただき,具体的な働き掛けについて情報交換できました。また,歌唱指導のアドバイスもたくさんいただき大変勉強になりました。貴重な授業研修の機会をいただきました。ありがとうございました。
 多くの先生方とネットワークが広がることは大変勉強になると感じております。もし興味をもっていただけましたら,メールでお気軽にご連絡ください。
提案授業「箏に親しもう」
   8月に,日本教育大学協会全国音楽部会研究大会(東京大会)において,提案授業「箏に親しもう-日本の音階で旋律づくり-」を行いました。初めて箏を演奏する子どもが多い27名の4年生との授業でした。「口唱歌を用いて箏を演奏し,我が国の音楽のよさや面白さを感じ取ること」「口唱歌を用いて演奏したことを生かしてグループで旋律をつくること」をねらいとしました。箏の音色に耳を傾け,魅力的な旋律を奏でる子どもたちの姿から,たくさんのことを学ばせていただきました。改めて,我が国の音楽のすばらしさや箏の魅力を感じることができました。授業後には,全国の音楽専科の先生方から,口唱歌による指導は有効である等価値付けていただき,たくさんのご指導をいただきました。今後の研究につながる貴重な勉強をさせていただきました。
指導案  指導案
H29指定研究授業
   

 今年度も研究テーマは「音楽づくり」です。昨年度との違いは,我が国の音楽を教材としていること,国語と音楽との教科横断的な学習ということです。

 題材「俳句に音楽を♪−日本の音階を使って旋律づくり−」(4年生)の学習です。我が国の音楽を教材として,音楽を形づくっている要素の特徴を生かした表し方を考え,俳句に込めたイメージに合った旋律をつくります。旋律楽器として和楽器(箏),鉄琴,木琴を扱いました。語感(言葉のイメージ)が音感と関連付いて音楽をつくり出す姿を目指しました。
 まず,国語の学習で「日本の夏」をテーマにした俳句をつくりました。思考ツール(イメージマップ)も活用しています。そして,音楽の学習で俳句のイメージに合った旋律をつくって「俳句コンテスト」を開くことを提案しました。

H29 研究計画  H29 研究計画
H29 指定研究授業 指導案  H29 指定研究授業 指導案
H29 指定研究授業 指導計画  H29 指定研究授業 指導計画
初等教育研究会のご参会,ありがとうございました。
   初等教育研究会にお越しいただき,ありがとうございました。
 1日目は,子どもが音楽制作支援アプリで和音を演奏し,その響きを感じ取りながらクラスのイメージに合う和音進行をみんなで考え,旋律づくりに取り組む学習活動でした。
 2日目は,一人一人がつくった旋律の中から代表となる旋律を選び,発表しました。そして,最終的につなぎの旋律を1つ決め,グループの曲と曲とをつないで「5年1組の1年間の思い出」を音楽で表現することができました。
 シェアリングタイムでは,和音を感覚的に捉えることができる音楽制作支援アプリの活用の有効性などを価値付けていただきました。また,イメージと音楽づくりとの関連において,具体的にどう問い掛けたり,価値付けたりするとよかったのかなど,教師の発問や働き掛けをより整理していくための貴重なご意見,アドバイスをたくさんいただきました。ご参会いただいた皆様,本当にありがとうございました。
 たくさんの方々に囲まれながら,5年生の子どもたちは,音楽を聴いて,感じて,考えて,魅力的な音楽をつくりました。改めて,素晴らしい子どもたちだなと感じました。これからも,子どもたちと一緒に,素敵な音楽の授業を目指して勉強していきたいと思います。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

H28 初等研指導計画  H28 初等研指導計画
H28 初等研指導案 1日目  H28 初等研指導案 1日目
H28 初等研指導案 2日目  H28 初等研指導案 2日目
2月9日(木)10日(金)は初等教育研究会です。
   初等教育研究会が迫ってきました。すでにお申し込みくださっている皆様,ありがとうございます。
 高学年の「和音の音で音楽づくり」の授業を研究しております。「和音の学習は難しそう…」「どうやって授業すればいいのかな…」こんな悩みをずっと抱えてきました。皆さんはいかがですか?
 でも,和音のある音楽は魅力的です。子どもたちと一緒につくれたら素敵だなと,ずっと夢を描いています。
 和声の理論を難しく考える授業ではなく,和音のある音楽も楽しくつくる授業を目指します。タブレット端末の音楽制作支援アプリの可能性も感じています。
 題材「1年間の思い出を音楽に」(5年生)の授業を行います。皆様からたくさんのご意見・ご感想をいただきながら,勉強させていただきたいと思っております。
 多くの方のご参会をお待ちしております。よろしくお願いいたします。
部内研究授業
   

 10月7日に部内研究授業を行いました。

 題材「2016 めざせ附属新潟小学校CM大賞」(6年生)の学習です。ラジオCMのような,メッセージと音楽によるCMをつくる学習を構成しました。このような学習を展開することで,子どもは,CMで「学校行事が楽しい附属新潟小学校を伝えたい」などと,具体的なメッセージを考え,そのメッセージに合う音楽をつくります。また,具体的なイメージと音楽を形づくっている要素を工夫した音楽表現とを関連付けて,表したい音楽を考えます。子どもは,見方・考え方を働かせて音楽表現を工夫し,伝えたいメッセージに合うように音楽をつくりました。
 この音楽づくりにおいても,楽器やタブレット端末の音楽制作支援アプリを活用しています。

H28 部内研指導計画  H28 部内研指導計画
H28 部内研指導案  H28 部内研指導案
中間検討会
   

 9月30日に中間検討会の研究授業を行いました。

 題材「スライドショーのBGMをつくろう」(5年生)の学習です。総合的な学習の時間で佐渡自然体験教室を伝えるスライドショーをつくりました。そのスライドショーのBGMをつくる活動を通して,体験したことや心に残ったことなどを,音楽をつくって表現する学習です。
 グループごとにスライドショーのテーマ(「佐渡の自然」「佐渡の伝統文化」「佐渡の交通手段」等)があり,子どもたちは伝えたい内容を明確にしています。楽器やタブレット端末の音楽制作支援アプリを使って,自分たちが伝えたいイメージに合う音楽をつくりました。(作品例として,4つのグループのBGMが再生されます)

H28 中間検指導計画  H28 中間検指導計画
H28 中間検指導案  H28 中間検指導案
指定研究授業
   

 今年度の研究テーマは「音楽づくり」です。6月28日に指定研究授業を行いました。

 題材「ホームページのBGMをつくろう〜和音の音で旋律づくり〜」(5年生)の学習です。附属新潟小学校をイメージした言葉からリズムをつくり,イメージに合う和音進行を考え,和音の構成音を手掛かりに旋律をつくっていく学習です。
 4〜5人のグループで,思考ツール(イメージマップ)を用いて附属新潟小学校のイメージを広げました。そして,イメージした言葉から4小節のリズムをつくりました。国語科の学習と関連しています。
 グループで相談しながら,タブレット端末の音楽制作支援ツールを使って複数の和音を選び,イメージに合う4小節の和音進行を考えました。ツール活用能力を発揮しています。
 和音の構成音を手掛かりにして,グループで相談したり分担したりしながら旋律をつくりました。その後,担当する演奏楽器を決め,BGMを完成させました。

H28 指定研究授業 指導計画  H28 指定研究授業 指導計画
H28 指定研究授業 指導案  H28 指定研究授業 指導案
H28 指定研究授業 学習カード  H28 指定研究授業 学習カード
国語科: 里村 穣 国語科: 里村 穣
国語科:桑原 浩二 国語科:桑原 浩二
社会科:椎井 慎太郎 社会科:椎井 慎太郎
社会科:八幡 昌樹 社会科:八幡 昌樹
算数科:志田 倫明 算数科:志田 倫明
算数科:越村 尚貴 算数科:越村 尚貴
理科:竹内 義雄 理科:竹内 義雄
理科:加藤 聡 理科:加藤 聡
生活科:三星 雄大 生活科:三星 雄大
音楽科:佐藤 史人 音楽科:佐藤 史人
図画工作科:堀田 雄大 図画工作科:堀田 雄大
家庭科:尾形 美穂 家庭科:尾形 美穂
体育科:小野 浩由 体育科:小野 浩由
道徳科:剱 仁美 道徳科:剱 仁美
外国語:茂木 智弘 外国語:茂木 智弘
外国語:長谷川 郁貴 外国語:長谷川 郁貴
養護教諭:長谷川 由紀 養護教諭:長谷川 由紀
総合:梅津 祐介 総合:梅津 祐介
総合:浅間 一城 総合:浅間 一城
特別活動:八子 正彦 特別活動:八子 正彦
栄養教諭:佐藤 妙子 栄養教諭:佐藤 妙子
   
国語科
社会科
算数科
理科
生活科
音楽科
図画工作科
家庭科
体育科
道徳
外国語活動
虹の輪(総合的な学習時間)
特別活動
(C) 新潟大学教育学部 附属新潟小学校