新潟大学教育学部 附属新潟小学校は、研究会、研究授業、カリキュラム・マネジメント、見方・考え方、主体的・対話的で深い学び、教科等横断的、資質・能力、教育課程の編成、コンピテンシー・ベイス、豊かに考える子ども、学習指導要領、を取り組んでいます。 新潟大学教育学部 附属新潟小学校は、研究会、研究授業、カリキュラム・マネジメント、見方・考え方、主体的・対話的で深い学び、教科等横断的、資質・能力、教育課程の編成、コンピテンシー・ベイス、豊かに考える子ども、学習指導要領、を取り組んでいます。
 
新潟大学教育学部 附属新潟小学校は、研究会、研究授業、カリキュラム・マネジメント、見方・考え方、主体的・対話的で深い学び、教科等横断的、資質・能力、教育課程の編成、コンピテンシー・ベイス、豊かに考える子ども、学習指導要領、を取り組んでいます。
総合:浅間 一城
総合:浅間 一城
附属新潟小学校1年目,浅間一城です。
6年生担当です。

総合的な学習の時間は,実生活や実社会に最も近付けることができる学習です。だからこそ,これからの社会を力強く生きていく子どもたちに,必要な学習です。
実践研究を通して,総合的な学習の時間の魅力を発信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

わたしたちのにいがた未来ビジョン〜鳥屋野潟と人々のつながり〜
   「学習対象の見方を更新する子ども」を研究テーマに,研究授業を行いました。
 探究課題は,鳥屋野潟です。鳥屋野潟にたっぷり浸った子どもたちは,鳥屋野潟の魅力に気付き,「将来にわたり鳥屋野潟を残していきたい」という思いをもちました。そのためには,「ゴミを捨てたり生活排水を流したりせず,鳥屋野潟の水を汚さないことが大切である」と考えるようになりました。
 確かに,ゴミを出したり生活排水を流したりしないことは,鳥屋野潟の水質をきれいに保つうえで大切なことです。しかし,鳥屋野潟を将来にわたり残していくために大切なことは,本当にそれだけでしょうか?そもそも,なぜ,人々は平気でゴミをポイ捨てしたり生活排水を流したりするのでしょうか?
 このような,本質的な部分に子どもの考えが向かうようにするには,仕掛けが必要です。今回の授業では,それがゲストティーチャーであり,鳥屋野潟の過去の水質変化を表したグラフです。子どもたちは,本時において,ゲストティーチャーの鳥屋野潟に対する思いや,鳥屋野潟の水質が過去に大変汚れていた時代があったという事実に触れることで,鳥屋野潟と人々の生活のつながりに目を向けることができました。今後,この気付きを基に,鳥屋野潟の見方を更新させていきます。
H29指定研研究計画  H29指定研研究計画
H29指定研指導案  H29指定研指導案
H29指定研単元カード  H29指定研単元カード
国語科: 里村 穣 国語科: 里村 穣
国語科:桑原 浩二 国語科:桑原 浩二
社会科:大矢 和憲 社会科:大矢 和憲
社会科:八幡 昌樹 社会科:八幡 昌樹
算数科:志田 倫明 算数科:志田 倫明
算数科:越村 尚貴 算数科:越村 尚貴
理科:竹内 義雄 理科:竹内 義雄
理科:加藤 聡 理科:加藤 聡
生活科:三星 雄大 生活科:三星 雄大
音楽科:佐藤 史人 音楽科:佐藤 史人
図画工作科:堀田 雄大 図画工作科:堀田 雄大
家庭科:尾形 美穂 家庭科:尾形 美穂
体育科:山形  昭 体育科:山形 昭
体育科:小野 浩由 体育科:小野 浩由
道徳科:剱 仁美 道徳科:剱 仁美
外国語活動:茂木 智弘 外国語活動:茂木 智弘
養護教諭:長谷川 由紀 養護教諭:長谷川 由紀
総合:梅津 祐介 総合:梅津 祐介
総合:浅間 一城 総合:浅間 一城
特別活動:八子 正彦 特別活動:八子 正彦
栄養教諭: 五十嵐 忍 栄養教諭: 五十嵐 忍
   
国語科
社会科
算数科
理科
生活科
音楽科
図画工作科
家庭科
体育科
道徳
外国語活動
虹の輪(総合的な学習時間)
特別活動
(C) 新潟大学教育学部 附属新潟小学校